・子供に腹が立つ…イライラする…思うようにいかない…そんな時に冷静さを取り戻す方法

      2016/11/04

子育てをしていると、あまりにも子供が言うことを聞かず、頭に血が上って思わず「キーッ!!」ってなってしまいませんか?

「親の心 子知らず」とは言いますが、親が心配して子供にあれこれ言っても全く伝わらない、子育ては本当に親の思い通りにならないものです。

 

で、子育て中に頭に血が上った時、あなたはどうしてますか?

力ずくで言うことを聞かせますか?

放ったらかしにしますか?

それともこっちの言うことを聞くまで注意し続けますか?

 

今回は、僕自身が頭に血が上った時どうしているかについて話しますね。

もちろん僕のやり方や考え方が必ずしも正しいとは限りませんが、ひとつの方法としてご参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク


 

 頭をクールダウンさせ冷静さを取り戻す方法

僕はどちらかというと、細かいことまで結構気になる性格です。

だから子供に対しても、以前はいろいろと口出しや注意をしてました。

僕の言うことを子供が理解出来なくても、子供でも理解しやすい言葉で出来るだけ丁寧にその都度注意するようにしていました。

 

で、ある日実家に帰った時のこと。

実家で子供が悪さをしたので、いつも通り僕は子供に注意していました。

すると僕の親が、こう言ったんです。

「そんなことで子供にいちいち注意するな。そんな悪さをしたところで、この子の人生にとってどーってこと無いだろ。

むしろそれを注意しないことよりも、そんな小さなことで子供にいちいち注意することの方が、この子の人生にとって悪影響を与えてしまうぞ。」

 

僕は自分の視野がとても狭くなっていたことに気づかされました。

もし、子供のしていることが人として間違っていることだったり、周りに大きな迷惑をかけてしまうようなことなら、きちんと注意し子供自身に気付かせなければなりません。

でも、子供はとても好奇心が旺盛です。

そしていろいろな経験をし、たくさんの失敗の中から多くの大切なことを学びます。

だから僕のように細かいことまでいちいち注意してたら、子供は親の目ばかりを気にし始め、次第に自分の行動にブレーキをかけるようになります。

つまり親や周りの大人が細かいことまで注意し過ぎてしまうと、子供の学びや経験の機会を奪ってしまうこととなるのです。

またそれだけでなく、場合によっては自己主張の出来ない委縮した人間に育ててしまう可能性もあるのです。

 

 

でもそれ以上に、僕にとって驚いたことがあります。

実は僕の父親は、とても厳しい人でした。

何かあればすぐに正座させられ、毎度のごとくいつも何十分も説教をされてました。

褒められたことなど一度も無く、僕は父親が怖くてたまりませんでした。

 

そんな僕の父親が、僕が子供をちょっと注意しただけで「いちいち怒るな!」と僕を怒るんです。

僕にしてみれば、あの厳しかった父親が孫を可愛がってくれてるわけですから、本当に嬉しいです。

でも、自分の子供と孫とでは、こうも違うのかぁ…と、正直驚きました。

 

子供を見るのと孫を見るのとでは、当然責任の重さは違ってきます。

しかも自分の子供の時で子育ては一度経験済みですから、気持ちの部分でもずいぶん余裕はあります。

自分の子供に接する態度と、孫に接する態度は、違って当然です。

 

でもそれ以来僕は、子供に対し腹が立ったり頭に血が上った時は、自分の子供を”自分の孫”だと思って接するようにしてます。

すると、そこまで腹が立たないんです。

それほど頭に血も上らなくなったんです。

子供と距離を置いて、冷静に向き合えるようになったんです。

 

真面目な人ほど、子供に対しても

「こうしなければいけない」

「こうしてはいけない」

と考えてしまうものです。

でも子供の性格もそれぞれ違えば、置かれている親子の状況も違います。

理想の子育ての形があっても、型通りにはいかないものです。

むしろアバウトにやった方が上手くいく、完璧を目指さない方が結果的に良い親子関係を築けたりするものです。

「自分の子供だから完璧に子育てしないといけない…」と思わず、孫を相手するぐらいの感覚でいた方がちょうど良いのです。

 

100%理想通りの子育ての出来ている人なんて、いません。

もっと肩の力を抜いていきましょう。

 

 

【記事一覧はこちら】

 

 - ■仁の子育て論 ,