・「大人は大変だ」「子供は気楽でいいよな」なんて、あなたは子供に言ってませんか?

   

子供との会話の中で、

「大人というのは大変なんだよ。それに比べ、子供は気楽でいいよな。」

なんてつい愚痴ってしまうこと、ありませんか?

 

確かに大人は大変ですよね。

仕事や家事、子供のためにやらないといけないこともたくさんあります。

そして何より “責任” というものを背負わなくてはなりません。

当たり前ですが、子供より大人の方が大変なのは明らかです。

 

でも子供の将来のことを思うなら、そのセリフ、ちょっと待ってほしいんです。

そのセリフ、子供に対してはNGワードなんです。

一体どういうことか、説明しますね。

 

スポンサードリンク


 

 子供の希望を奪うNGワード

子供との会話の中で、何気なく「大人は大変だ」といったことを言ってしまうことがあると思います。

そのセリフ、子供にとっては決してプラスにはならないんです。

 

言えば言うほど子供は、

「大人になることは、辛いことなんだ」

「大人になることは、つまらないことなんだ」

「人生って辛いことばかりなんだ」

そう考えるようになります。

 

すると、子供は未来に希望を見いだせなくなってしまうんです。

生きることは楽しくない、生きていても仕方ない、そう感じるようになってしまうんです。

 

 

僕がまだ子供の頃の大人たちを思い出してみても、子供の目から見た大人は大変そうでした。

みんな毎日クタクタになるまで働いていました。

「大人って大変なんだな…」

子供ながらにそう感じていました。

 

でも大変そうな中でも、どこか楽しんでるようにも見えました。

あの頃はまだ、景気も良かった時代でした。

仕事は大変でも、やった分だけ給料が上がったり出世出来る。

辛くとも頑張れば報われる、そんな雰囲気がありました。

日本全体に、未来への希望が感じられました。

 

でも今の日本にはそんな雰囲気、全く感じられませんよね。

むしろ、いくら頑張ったって報われない、そんな雰囲気すら感じられます。

そこに加えてさらに僕ら大人が愚痴ったり、大人は大変だ、面白くない、なんて言ったらどうです?

そんな僕ら大人の姿を見たら子供は、

「大人になることは、何一つ良いことなんて無い」

そう思いますよね。

自分の将来に希望を持つことなんて、出来ませんよね。

 

 

話は変わりますが、ところであなたは今の自分の状況を、どう思いますか?

子供の時に比べ、実際に大人の方が辛く大変だと感じていますか?

 

僕自身、自分がどうかと考えてみると、実は僕個人は子供の頃の方が辛かったように思うんです。

じゃあ大人になった今と比べて何が辛かったのかと考えてみると、一番は単純に “選択肢が無かった” ことだと思います。

子供というのは、極端に選択肢が少ない。

責任を取る力も能力も無い分、大人のように自分で自分の行動を決めることが出来ない。

例え嫌だとしても、親や周りの大人の決めたことに従うしかない。

自分の思うような行動、思うような生き方もなかなか出来ない。

 

でも大人は違います。

大人は自分で自分の行動・生き方を決めることが出来ます。

選択肢が無ければ、自分の力や努力で選択肢を増やすことも出来ます。

自分で自分の望む人生を切り開くことも出来ます。

子供は、親に決めてもらった道しか進むことが出来ませんが、大人は自分で新たな道を作り出すことも出来ます。

 

だからと言って、大人が気楽なわけでは当然ありません。

自分で選択するということは、自分で全責任を負うということ。

また子供や家族が出来れば、自分の事だけでなく家族の責任も負わなければなりません。

実際、大変だと思います。

僕自身、大人になってから何度か死ぬことを考えたこともあります。

大人は大変です。

 

でも、それでも僕は大人の方がいい。

子供の頃より今の方が、毎日が充実している。

自分の意思で、自分の人生を選び取ることが出来る。

将来を悲観するのも、希望に満ち溢れたものにするのも、全て自分次第。

自分で自分の人生を作り出すことが出来る。

自分の人生の主導権を、自分の手で握ることが出来る。

子供には、決して出来ないことです。

 

 

僕の子供が、僕に愚痴を言ってくることがあります。

そんな時、僕は子供によく言います。

「子供は大変だねぇ。○○(子供の名前)も早く大人になれ。大人は楽しいぞ~。」ってね。

 

子供が希望に満ち溢れた未来を思い描くためには、まずは大人が人生を楽しまないといけません。

こちらの記事⇒【誰も子育てに協力してくれない…なんで私ばかりが犠牲に…ストレスで爆発しそうなお父さん、お母さんへ】でも話してますが、親の姿というのは、ある意味子供にとっての将来の自分自身の姿でもあるんです。

大人になった時の自分の姿を、親に重ね合わせて見ているんです。

だから子供の将来のことを思うのなら、まずは親自身が人生を楽しまないといけない、親自身が幸せにならないといけないんです。

 

ぜひあなたの子供に言ってあげてください。

「子供は大変だねぇ。○○(子供の名前)も早く大人になれ。大人は楽しいぞ~。」と。

 

 

【記事一覧はこちら】

 

 - ■仁の子育て論 , , ,