・思わず子供を叩いてしまう…感情が抑えられない…虐待の連鎖に悩むあなたへ

      2016/11/04

カッとなって思わず子供を叩いてしまう…

ちょっとしたことでも感情的になって子供を責め立ててしまう…

 

人を一人育てていくというのは、本当に大変なことです。

どんな親も、みんな頭を悩ませながら子育てをしています。

 

状況によっては、つい子供に手を上げてしまったり、言葉や態度によって子供を精神的に追い詰めてしまう、なんてこともあると思います。

または「虐待の連鎖」という言葉もあるように、親から受けた虐待を、自分の子供にも同じようにやってしまう、なんてこともあると思います。

 

今回は、良くないと思いながらもつい子供に手を上げてしまったり責め立ててしまう、そんな悩みに対し僕なりの考えを話させてもらおうと思います。

 

スポンサードリンク


 

 子供を叱る際の基準

まず最初に言っておきますが、子供に対し感情的になってしまうことは、全くおかしいことではありません。

僕らは人間だから、当然感情があります。

感情的になることがあっても、全く不思議ではありません。

逆に全く感情を表に出さない人に育てられる方が、その子の将来が心配ですね。

 

でも子供に対し怒りの感情を抑えることが出来ない、感情のコントロールが全くきかなくなる、となってしまうと、いろいろ問題が出てきます。

思わず子供を酷く叩いてしまったり、酷すぎる罰を与えてしまったり、子供を逃げ場のないところまでとことん追い詰めてしまったり…

 

なぜそこまでイライラしてしまうのか。

なぜ自分でコントロール出来ないまでに感情が暴走してしまうのか。

 

 

いろいろ原因はあると思います。

例えば自分の子供が言うことを聞かない、こちらの思うように行動してくれない。

するとイライラしてしまいますよね。

ではその基準となるもの、子供がどこまで親の言うことを聞けばいいのか、どの程度こちらの思うように行動してくれたら納得出来るのか。

その線引きはどうやって決められているのか。

 

おそらくその基準は、親自身の子供時代の育てられ方にその根っこはあると思います。

「私が子供の時は、それを我慢してやってきた。親から言われたことを我慢してやってきた。なのに何でこの子はそれをしないの?出来ないの?やろうとしないの?なんで!?」

多くは、親自身の子供時代の育てられ方が基準となっています。

自分もやってきたから子供も同じようにやらないといけない、出来ないといけない。

そうやって親自身の持つ基準や感覚などのモノサシを、子供にも当てはめようとしている。

親とは別の人間、別人格である我が子を、親の基準で図ろうとしているのです。

または中には、周りの子たちが出来てるんだから自分の子も出来ないといけない、周りと同じように出来ないといけない、そうやって周りの子たちを基準にしている場合もあると思います。

 

 

でもここでちょっと考えてもらいたいのですが、人間関係の基本として、他人は自分の思うように操ることは出来ません。

自分に都合よく他人を動かすことは出来ません。

表面上の行動は操ることは出来ても、その人間の心や感情・気持ちまではこちらの思う通りには動かせないのです。

自分の子供や夫・妻・家族も含め、自分以外の人間を自分の思うように操ることなど、誰にも出来ないことなんです。

 

子供には子供なりの価値観や考え方があります。

子供なりの基準というものがあります。

そして親の基準と子供の基準は、同じではありません。

だから親の基準と全く同じものを子供にも共有させること自体、無理があるんです。

親と子供は別人格、違う人間なのですから。

 

 

 

 体罰をする親自身が苦しんでいる

子供=自分以外の人間を自分の基準に当てはめ、言うとおりにさせようとしても、子供はすんなり言うことを聞こうとしない。

するとイライラしたり感情的になってしまうこともあると思います。

でもそれが、なぜ自分がコントロール出来ないほどまでに感情的になってしまうのか、なぜ暴力を振るうまでにエスカレートしてしまうのか。

そしてなぜ虐待は連鎖してしまうのか。

 

特に親から虐待などを受けて育った人は、虐待の怖さが身に染みてわかっているはず。

自分自身が嫌な思いをしながら育てられてきたのに、なぜ自分の子供にも同じことをしてしまうのか?

なぜ我が子にも、同じように辛い思いをさせてしまうのか?

 

子供を虐待してしまう原因というのは、その人その人によって違ってくると思います。

単に状況的に余裕が無くなれば、誰しも虐待をしてしまう可能性は出てくると思います。

仕事が上手くいかない、夫婦仲が険悪、親との関係が難しい、経済的に苦しい、誰も助けてくれない、もういっぱいいっぱい…

そんな余裕のない状況になれば、誰しもイライラしてしまうと思います。

つい子供に当たってしまうこともあるかもしれません。

 

 

でもちょっと思い出してもらってみてもいいですか?

もしあなたが我が子に手を上げてしまう、我が子に対し必要以上にきつく当たってしまう、または虐待の連鎖が起こってしまっているのなら、あなたの子供時代をちょっと思い出してみてもらいたいんです。

 

あなたは子供時代、どうでした?

あなたのお父さんやお母さん、身近な大人たちとの関係はどうでした?

 

もし違っていたらごめんなさい。

もしかして、あなたは子供時代に親や身近な大人から虐待を受けていたり、とても厳しく躾けられたりしてきませんでしたか?

親から酷く感情的に責められたり、ミスや失敗をしても許してもらえなかったり、言葉の暴力を受けてきたり…

あなたは子供時代、安心して親や身近な大人に甘えたり頼ったりすることが出来なかったのではないですか?

 

人というのは、親や親しい大人に対し、甘えと反発(反抗)を繰り返しながら成長します。

甘えとは依存すること、反発(反抗)とは自立しようとする心の表れ。

そして親にしっかり甘え、安心出来ているからこそ

「親の手を借りずに自分の力でやってみたい」

そういったチャレンジ精神が生まれてきます。

 

でも親に甘えることが出来なければ、心は不安だらけで前向きなチャレンジ精神など生まれてきません。

「やってみたい」ではなく「やらないといけない」という後ろ向きな発想しか生まれてきません。

だから親に十分甘え(依存)させてもらえた子供ほど、精神的な自立がしっかり出来るのです。

精神的な部分で大人になるためには、依存体験がとても大切なんです。

 

では子供の頃に十分依存させてもらえなかったらどうなるか。

子供の頃に十分な依存体験が無いと、大人になってからも依存させてもらえるものを探し続けることとなります。

例えば若い子がいわゆる大恋愛をしたり、または極端に年上の相手とばかり恋愛してしまうのも、子供時代に満たされなかった依存心を無意識に満たそうとしているからなのではないかと思います。

 

そしてそのまま依存心が満たされることなく大人になり、親になってしまうとどうなるか。

今度は自分の子供に依存してしまうこととなります。

でももちろんもう大人なので、子供の頃のような甘え方は当然しません。

じゃあどういう依存の仕方をするのかというと、例えば子供に過剰なまでの期待を寄せたり、親の理想通りの子供に育てようとする。

つまり、親にとって都合の良い子供に育てようとする、親の満足出来るような子供に育てようとする、そうやって親にとって都合の良いように子供を躾けたり行動させたりしようとするようになります。

 

でも当然子供は親の思うようには動かない。

親の言う通りには行動してくれない。

そうすると、親の依存心は満たされません。

その結果、力ずくで言うことを聞かせようと子供を虐待したり、躾を厳しくしすぎたり、言葉や態度によって子供を精神的に追い詰めるようなことをしてしまうのです。

子供を虐待してしまう理由、虐待の連鎖が起こってしまう理由、それは自分が親から虐待などを受けてきたから自分の子供にもつい同じことをしてしまう、なんて単純な理由ではなく、子供時代に満たしてもらうことの出来なかった依存心を自分の子供によって満たそうとしてしまうことによって、虐待は起こるのです。

 

 

もしあなたが、自分の子供につい手を上げてしまう、子供を必要以上に責めてしまう、そしてそれによってあなた自身の中に後悔の念があるのなら、自分を責めるのはどうかもうやめてあげてください。

なぜならあなた自身が一番辛い思いをしているはずだから。

あなたが一番苦しんでいるはずだから。

 

あなたはこれまでずっと辛い思いをしてきたんじゃないですか?

そして誰にも理解してもらえず、一人で苦しんできたんじゃないですか?

 

そしてあなたは子供の頃、甘えたい時に安心して親に甘えさせてもらうことが出来なかったのではないですか?

これまで心の中にずっと不安を抱えながら生きてきたのではないですか?

 

でも、それでもあなたは頑張って生きてきた。

迷ったり悩んだりしながらも、ここまで生きてきた。

いろんな思いを抱えながらもここまで歩いてきたんです。

これまで十分頑張ってきた、だからもう自分を責めるようなことはしないでください。

 

そして、これまで自分が十分甘えることが出来なかったこと、不安な思いをしてきたこと、寂しい思い、悲しい思い、いろんな思いをしてきたこと、そしてそれでもここまで頑張ってきたことに自分でちゃんと気づいてあげてください。

「私はこれまで本当によく頑張ってきた」

そして

「これまで辛い思いにちゃんと気づいてあげられなくて、ごめん」

そう自分に語りかけてあげてください。

自分の辛かった気持ちを、自分の手でちゃんと受け止めてあげるんです。

 

あなたにとっての一番の味方は誰ですか?

親ですか?

夫(妻)ですか?

きょうだいですか?

友人ですか?

あなたにとっての一番の味方、それはあなた自身です。

 

あなたが生まれた時から、そばでずっとあなたを見続けてきた。

あなたの気持ち、辛い時、悲しい時、嬉しい時、楽しい時、その全ての瞬間を見てきたのはあなた自身です。

自分のことを一番理解しているのは、他の誰でもない、自分自身なんです。

あなたにとっての一番の味方はあなた自身なんです。

 

その一番の味方であるはずのあなたが、自分を責めてどうするんです?

自分を痛めつけて、どうするんですか。

どうか自分を守ってあげてください。

自分の心を守ってあげてください。

私はこれまでよく頑張ってきた、よく辛抱してきた、そうやって自分を褒めてあげてください。

 

そして可能であれば、いろいろな問題を自分の中だけで抱え込まないようにしてください。

出来るだけ他人の手を借りるようにしてください。

身近にもし助けてくれる人がいれば、助けてもらう。

相談や愚痴を聞いてくれる人がいれば、聞いてもらう(もちろんあなたばかりが一方的に話すのではなくお互いに)。

もしいなければ、ネットでも相談できるところは探せます。

子育てに関する本やネット記事だって、あります。

もし良かったら、僕のブログにコメントをくれたっていいです。

 

一人の力では、限界があります。

でも他の人の力や知恵を借りれば、必ず道は開けます。

子育ては、人生最大の大仕事。

僕も子育てで悩むことはいっぱいありますが、あなたさえ良ければ僕と一緒に歩んでいきましょう。

 

 

【記事一覧はこちら】

 

 - ■仁の子育て論 , , , ,