30:こう叱れば子供は素直に話を聞くようになる!! 子供を伸ばす叱り方のコツ。

      2017/10/20

子育てをしていると、子供を叱ったり、注意したりしなければならない場面というのが、どうしても出てくると思います。

叱るという行為は、とても難しいものです。

叱ることにより、その子にとってプラスになることもあれば、逆にマイナスになってしまうこともよくあります。

また、叱られて子供が素直に聞くこともあれば、反対に叱れば叱るほど反発して収拾がつかなくなる、なんてこともあります。

 

親としては子供のためを思って叱ってる、でもそれが子供に上手く伝わらない、分かってもらえない。

一体どこがいけないのか?

 

今回は、子供を叱る上で注意すべき点について、話していこうと思います。

 

スポンサードリンク


 

 子供に言ってはならない言葉

実は先日、うちの子供とその友達が、近所の知り合いのお母さんに叱られるという出来事がありました。

僕も偶然その叱られる場を目にしたのですが、そのお母さんがとにかく興奮して、ものすごい勢いで怒られていました。

怒られていた原因というのは、うちの子たちが持っていた柔らかいゴムボールが、思わず手を滑らしてマンションの上から落としてしまったようで、偶然近くにいた知り合いのお母さんがそれを目にしたようです。

 

そのお母さんは「ボールを偶然落としてしまうなんてわけない、遊んでてわざと落としたんでしょ!!」の一点張りで、子供の言い訳など一切聞かず、とにかく激怒していました。

ちょっと収拾がつかなくなってきたんで、僕がやんわりと仲裁に入りました。

 

幸い誰もいないところにゴムボールは落ちたので、被害は何も起こりませんでした。

怒り方はかなり激しかったんですが、でもそのお母さんが怒るのも、確かに分かります。

いくら柔らかいゴムボールでも、上から落ちてきたら誰だってびっくりしますよね。

当たっても怪我することはないにしても、もし赤ちゃんなんかに直撃したことを考えると、ここはきちんと注意しておかなければなりません。

だからそのお母さんに対し、僕は一切反論はしませんでした。

 

でも一点だけ、そのお母さんの言った言葉で引っ掛かる言葉がありました。

その言葉とは、

「もう三年生にもなるのに、そんなことも分からないの!?」

というセリフです。

 

うちの子は、今三年生です。

三年生と言えば、いろんなことが分かり始める歳です。

ものごとの良し悪しの判断も、出来始める年齢です。

ゴムボールといえど、上から落ちてきたら危ないというのは理解出来ます。

このお母さんは、

「それが当然理解出来るべき年齢のはずなのに、あなたはまだそんなことも分からないの!?」

と、僕の子供に言ってるわけです。

 

実はこれ、子供に最も言ってはならない言葉のひとつです。

 

 

 

 子供の自尊心を傷つけてはならない

子供は大人に比べ、当然ですが知識も経験も少ないです。

だから僕ら大人はつい、子供を未熟な半人前の人間として見てしまいます。

 

でも子供も僕ら大人と同じように、ひとりの独立した人間です。

その子独自の人格や心を持っています。

子供も大人も、同じひとりの人間なんです。

 

そしてこれを忘れないでください。

子供も僕ら大人と同じように、自尊心を持っています。

子供だから自尊心なんてものはまだ無い、なんてことは無いのです。

子供にもちゃんと、自尊心というものがあるんです。

 

子供を叱る上で注意してもらいたいのは、「とにかく子供の自尊心を傷つけるような叱り方をしない」ということ。

さきほど出てきた知り合いのお母さんの言葉、「もう三年生にもなるのに、そんなことも分からないの!?」というセリフは、子供の自尊心を傷付け、子供の人格そのものを否定する言葉です。

「あなたは周りの人と比べて劣っている、あなたはダメな人間なのよ」と言ってるのと同じこと。

自尊心を傷つけられた子供というのは、成長するのを止められたようなものなんです。

 

どういうことかというと、自尊心を傷つけられ否定されると子供は、「どうせ僕はダメなんだ」と考えるようになっていきます。

自信を失い、自分の中での自己評価をどんどん下げていきます。

その結果、何か問題にぶつかっても「どうせ頑張ったって、僕はダメなんだから」と、すぐ諦めてしまう子になってしまうんです。

チャレンジをしない、問題を前向きに解決しようともしない、そんな無気力な人間になってしまうんです。

自分の可能性を自分の手で閉ざしてしまう、そんな人間になっていってしまうんです。

 

 

これまでも話してきましたが、その人間の人生を決めるのは “自己評価” です。

困難にぶつかっても自分を信じて頑張っていける人間は、必ず伸びていきます。

逆に自分のことを信じることの出来ない自己評価の低い人間は、何をするにしても「自分には出来ないはずだ」という前提でものごとに取り組みます。

出来ないと思い込んでいるんだから、頭の脳も自分が失敗してしまうように身体に命令を出し始めます。

その結果、高い確率で失敗します。

すると「やっぱり上手くいかない、頑張ったって僕にはやっぱり無理なんだ」と、さらに自己評価を下げていく。

悪循環の繰り返しです。

 

これは大人でも同じだと思います。

でも子供というのは、大人と違って経験が少ない分、素直に思い込んでしまいます。

だから大人の何倍も、良い方向にも悪い方向にも簡単に転がっていきます。

 

 

だから子供を叱る時は、子供を否定したり自尊心を傷つけるような叱り方をするのではなく、前向きな叱り方をしてあげてください。

例えば子供が他人を傷つけるようなことをしてしまった場合、

「どうしたんだ?お前はこんな優しい部分を持っているのに、今回はなぜそんなことをしたんだ?何か理由があるんじゃないのか?話してみろよ。」

みたいな感じで子供の思いや考えを引き出すように、子供を諭すように叱ってみて下さい。

すると子供は次第に心を開き始め、こちらの話を素直に受け入れるようになり始めてきます。

いきなり頭ごなしに叱るのではなく、子供の自己評価を下げないよう、子供を理解する姿勢を見せるように子供と対話してみて下さい。

きっと子供は変わります。

そして叱られたことを前向きに受け止め、真っ直ぐ伸びていってくれます。

 

 

子供のことを思えば、時には叱らなければならないことも出てきます。

でも叱り方ひとつで、子供は変わります。

叱り方ひとつで、子供は良い方にも悪い方にも転がるものです。

子供と言えど、大人と同じひとりの独立した人間。

大人と同じように、一人前の人格を持っています。

自尊心を持っています。

だから、子供の自尊心を傷つけないよう、子供の自己評価を下げてしまわないよう、子供が前に向かって伸びていけるよう、あなたが導いてあげていってください。

子供にとっての一番の味方は、お父さん、お母さん、または親代わりをしているあなたなのですから。

 

 

【記事一覧はこちら】

 

 - ■仁の子育て論 , ,